大阪で産毛を脱毛するなら?おすすめ脱毛サロン2選をご紹介

大阪で産毛を脱毛するなら?おすすめ脱毛サロン2選をご紹介

8view

2018.09.12

効率よく産毛の脱毛をするにはどうする?

光脱毛機使用の脱毛サロン!産毛へのアプローチはいかに……

セルフ脱毛以外で産毛を脱毛する方法は大きく2つあります。1つは脱毛サロン、もう1つは医療脱毛です。脱毛サロンと医療脱毛の大きな違いは、使用している脱毛機器の出力の強さにあります。

医療脱毛で使われるレーザー脱毛機器は脱毛サロンで使われている機器より出力がグッと強く、その分お肌への刺激も強くなり痛みを伴います。ただし永久脱毛で、比較的短期間で脱毛完了できる点は魅力的です。

それに対して脱毛サロンで使用している機器は出力が弱く、お肌に感じる痛みはほとんどありません。しかし脱毛が完了するまで医療脱毛と比べると、一般的には2~3倍の時間がかかり、その上永久脱毛でないため数年後ムダ毛がひょっこり出てくることがあります。

そんな特徴を持つ医療脱毛と脱毛サロン。両者で使用している機器に共通しているのは黒い色素に対して反応がよく、産毛のような薄い色の毛に対しては反応が弱く、脱毛の効果が100%得られない点です。

では効率よく産毛の脱毛をするには?

顔や背中に多い産毛。セルフ脱毛をするたびにお肌に刺激を与えることとなるので、できれば脱毛サロンや医療脱毛でお金をかけてでも脱毛しておきたいところ。使用している機器はいずれも黒の色素にしっかりと反応するので、産毛のような色素の薄い毛の場合には根気よく時間をかけて脱毛していく必要があると心得ておくといいでしょう。

医療脱毛は脱毛サロンよりも時間を短縮して永久産毛脱毛できますが、費用が数倍かかるのでお財布との相談という人も多いでしょう。その辺脱毛サロンであれば時間はかかるものの、コストを押さえて産毛脱毛できます。ただし永久脱毛ではないのでご注意ください。

美容脱毛で大注目!SHR脱毛で産毛を処理

ここ最近美容脱毛で話題となっているのがSHR脱毛です。これまでの黒い色素に強く反応する脱毛機とは全く別物で、毛包と呼ばれる毛根を包んでいる部分にアプローチして脱毛します。これまでの黒い色素に反応する脱毛では日焼けしたお肌に対しての使用は原則できず、産毛などの色素の薄い毛に対しては時間をかけて照射する必要がありました。

しかしSHR脱毛であれば日焼け肌であっても使え、産毛脱毛の効果も実感できるのです。また毛の生え変わる毛周期に合わせて脱毛するタイミングが決まっているサロンが多いのですが、SHR脱毛であれば毛周期に合わせることなく通え、最短&最速にて脱毛できます。

大阪で産毛脱毛するならこの脱毛サロン!おすすめ2選をご紹介

産毛の脱毛ならお任せ!脱毛サロンSTLASSH(ストラッシュ)

おでこからVIOを含む全身61箇所をくまなく脱毛できる脱毛サロンSTLASSH(ストラッシュ)。最新SHR脱毛方法を導入していて、毛を包み込んでいる部分にアプローチ。通常毛の生え変わる毛周期を基準にして脱毛を施しますが、脱毛サロンSTLASSH(ストラッシュ)では毛周期とは関係なく通え、最短6ヶ月で脱毛を完了できます。

また脱毛サロンSTLASSH(ストラッシュ)で扱っているSHR脱毛は毛包に作用するタイプで、黒い色素に反応するものではありません。そのため産毛などの色素の薄い産毛にも効果大なのです。もちろん日焼けしたお肌や金髪にも対応可能です。

長くメンテナンスできる!脱毛サロンC3(シースリー)

大阪でも展開中の超光速GTR脱毛機を採用している脱毛サロンC3。新登場の脱毛機で1回の施術で全身53パーツをわずか45分間でまるごと全身脱毛を可能としました。おでこから足指までの全身脱毛OK!しかも永久メンテナンス保証だから、何年か経って生えてきたムダ毛にもタイアップしてもらえます。

プレミアム全身脱毛の料金、月額5,800円(税込)~。また契約した全ての人にもれなく魅せ肌リゾート宿泊プレゼントあり!全国各地に脱毛サロンC3(シースリー)があるので、急な転勤や引越しがあっても安心して通えます。 費用はお住いのエリアによって変動あり。詳しくは公式サイトにて確認してくださいね。

顔の産毛の脱毛をすればお化粧のノリはもちろん、お肌のキメもアップします。背中の産毛の脱毛をすれば、トレンドの抜き襟ファッションやパーティなどで背中の開いているドレスも臆することなく着られるでしょう。この機会に顔または背中の産毛脱毛にトライしてみてはいかがでしょうか?

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る